忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 03:45 |
チョコと本と
今日は先輩と、研究室メンズにあげるチョコ買いに千葉そごうへ

いやいや、すごい人。そして良いのはもうすでに結構売り切れちゃってた

なんとか人ごみすり抜けて、いい感じのを買えて、満足。


帰り千葉駅で立ち読み。たまたま手に取った本は東海村の臨界事故の記録の本。

放射線を扱うものとして、ちゃんと知っておかないと、と思って。

842a187a.jpg



朽ちていった命-被爆83日間の記録-







衝撃的でした。

本屋で涙を必死でこらえてました。そして読みながら手が震えてました。。

致死量の放射線を浴びて、もう助かる見込みはないと分かっているのにそれは患者には知らされない。

被爆後、はじめは外傷もないし会話もできる元気な状態。

なのに体の中の遺伝子はズタズタに傷ついていて、もう新しい細胞を作り出すことはできない。

次第に朽ちていく命と、絶対に直らないと分かっているのに繰り返される治療。

「おれはモルモットじゃない」

の言葉が痛かったです。

治療を受ける方は勿論、治療をするほうも辛くて、患者が亡くなった後も

「本人を苦しませただけの無理な延命をしたのではないか」

と苦しむ医療関係者たち。


“東海村の事故で被曝して、2人が亡くなった”

この事実を知らない人はたぶんほとんどいないと思うけど、その事故が実際にどのようなものだったのか、どうして事故が起きたのか、原子力がどれだけ怖いものなのか、ってことをちゃんと理解してる人ってどれくらいいるんだろう。

私は、ぜんぜん理解してなかった。。


こういうことって、実際に何かできるってわけじゃなくても「知っておく」ことがすごく大切なんだと思った。

何かをできたら一番いいのかもしれないけど、私にはこの大きな問題にたいして私のできることがわからない。


自分が無力だなぁ、って思ったけど、何より無知だなぁと感じた。

私はもっともっと知らないといけないことがいっぱいある。
PR

2008/02/10 17:01 | Comments(0) | TrackBack(0) | おでかけ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<いちにちみっつ | HOME | もくようび>>
忍者ブログ[PR]